26


29日に行われる日本ダービーに向けて、角居厩舎から出走の2頭・リオンディーズとヴァンキッシュランについて岸本助手に話を聞いた。

 日本ダービーの舞台である東京芝2400については、2頭とも適性は高そうだ。
「ヴァンキッシュランについては、実績が示すとおりですね。リオンディーズは初めての左回りですが、調教で乗っている感じでは合うように感じます。母のシーザリオ(オークス優勝)も兄のエピファネイア(JC優勝)も東京の2400で実績ありますしね」

 青葉賞で優先出走権を手にしたヴァンキッシュランは、今年に入ってから4回連続で1位入線と上昇の一途をたどっている。
「状態は前走と変わらず、いいですよ。1週前追い切りも直線だけしっかり追いましたが、相変わらず反応もよくいい感じでした」

 昨年から長期の休養をとらずに走り続けているため、上積みを疑問視する声もある。
「それでも、まだこの先も上積みがあるのでは?という可能性も感じさせます、僕らの想像を超えてしまっていますね。見えない疲労が溜まっていないといいですね。ケアはじゅうぶんに出来ています」

 リオンディーズはミルコ・デムーロ騎手を背に追い切られた。
「状態はすごくいいですよ。4コーナーをまわるときに4馬身くらい後ろにいたので、そのときは『追いつかないかな?』とも思いましたが、そこから伸びてました。さすがですね」

 今後は日曜日に追い切ったあと、来週の水曜に最終追い切りをかける予定だ。
「1戦ごとに素軽くなっていますしね。きっちり仕上げてダービーに臨みたいですね」
引用 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160519-00000000-kiba-horse