138788368414795137225_DSC_0936
大竹厩舎に初のG1タイトルをもたらせたハービンジャー産駒は、すでに直行を決めている大阪杯(3月31日、阪神)を目標に調整される。その結果次第で、グランプリ秋春連覇がかかる宝塚記念(6月23日、阪神)へ向かうことになる。
 秋以降について、(有)シルクレーシングの米本昌史代表は「(重い馬場でも対応できる)ハービンジャーの子だし、いろいろな可能性を視野に入れたい」と凱旋門賞など海外のレース挑戦も示唆した。
引用元https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190128-00000222-sph-horse