138788368414795137225_DSC_0936
先行するサーワシントン(500万下)、ロジペルレスト(500万下)を追いかけてスタートすると、3コーナー過ぎに内へ。直線でも鞍上の手綱は動かず、馬なりのままだったがスーッと加速して楽々と半馬身先着した。ラスト1ハロンは12秒2と、抜群の瞬発力。約2カ月半ぶりの実戦にも不安のかけらもない動きに、大竹調教師も「馬なりでいい反応だった」と満足そうな表情を見せた。
引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180719-00000529-sanspo-horse