138788368414795137225_DSC_0936
タワーオブロンドンは、前走の京王杯2歳Sで重賞初制覇。今回が初のマイル戦となるが「距離は延びるけど、1600メートルは持ってくれないと困る」と藤沢和師。

 新馬戦はスピードの違いで逃げ切ったが、その後3戦は待機策。「ここまで折り合いを教えてきたし、距離が延びても対応できるはず。いいところまで行きたい馬だからね」と、英才教育を施した素質馬に寄せる期待はかなり大きい。
引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171213-00000026-dal-horse