138788368414795137225_DSC_0936
新馬戦はスローペースを最後方で進みながら、直線で大外に持ち出されると、メンバー最速の上がり34秒0の末脚を繰り出し、一気の伸びで快勝した。先週、6勝の固め勝ちでリーディングトップに立つルメールは「競馬では乗ったことがないけど、走りそうです。馬は大きくはないが、反応がとても早いので、瞬発力があるかもしれない。楽しみです」と、本番を心待ちにしていた。
引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171025-00000232-sph-horse