138788368414795137225_DSC_0936
1: 2017/05/18(木) 07:47:42.38 ID:KL23rD1Z0
 -的場文といえば、あのダイナミックで踊るようなフォームが有名だ。動作の速さと振幅は昔とまったく変わらない。
あの独特のスタイルはどうやって確立したのか。

 「25歳ぐらいだったかなあ。体を使って必死で追ううちに自然と。あれで伸びるんですよ、馬が。意識しなくて気がついたらという感じで」。

 -あれだけ上半身が激しく動いて逆に馬に負担はかからないのだろうか。

 「自分は両ひざを締める力が人一倍強い。160キロもある土佐ノ海に足相撲で勝つんだから。その力でクラをガチッとはさむ。
ひざがしっかりしているからあれだけ暴れてもバランスは崩れないんですよ。
例えば運動会で子供を背中に乗せて走る競技があるでしょ。がんじがらめにすれば走りやすい。あれと同じ」。

 だが、誰でもマネができるわけではない。もともと並外れた締めつけ力があった。
それに肉や皮膚が耐えられなくて何度も裂傷を繰り返した。今ではくるぶしは1センチほど出っ張って化骨しカチンカチン。
ふともも、ふくらはぎとクラに直接当たる部分は、まるで鋼のように硬い。一朝一夕にできない、まさに年代物だ。
おいの直之騎手は言う。「馬の動きに逆らわない。理にかなっている。マネできない」。

http://p.nikkansports.com/goku-uma/news/article.zpl?topic_id=1&id=1820701&year=2017&month=5&day=17

2: 2017/05/18(木) 07:51:20.32 ID:HABGYUnE0
ジュキヤの追い方との違いは脚にあるよねあいつはとんでもないガニ股でダンスしてくる

3: 2017/05/18(木) 07:53:27.20 ID:clG8U4pd0
蛯名のそれとは根本的に違うと言う事や

4: 2017/05/18(木) 07:57:57.97 ID:VVHMnCim0
文男にしか出来ない乗り方だし文男以外がやると逆効果になる

5: 2017/05/18(木) 08:03:10.93 ID:AVKtMbRK0
マッハふみふみ

7: 2017/05/18(木) 08:07:46.16 ID:lK4SkgT50
照哉「背中を痛める競走馬は意外と多い。オーストラリアなんかじゃトレッドミルだけでレースに出る。日本でもそういう時代が来る。」

8: 2017/05/18(木) 08:15:34.34 ID:tqZcjpbW0
昨日のリアライズリンクスを勝たせられるのはそれこそ文男しかいないわ

9: 2017/05/18(木) 08:20:54.70 ID:jwXhUFtZ0
蛯名「誰か忘れてないか?」

10: 2017/05/18(木) 08:22:00.46 ID:sX47K58j0
めっちゃ